自分で現金化する方法と注意点!!

自分で現金化する方法

現金化とは、何かの商品を売ってお金にすることです。
一昔前は、ご自身で現金化をする人は多くいましたが、現在はクレジットカード現金化業者に依頼し、利用する人が増えております。
ですが、現在も自分で現金化をする人達もいます。
自分で現金化をした方が換金率が良くなりますので、やり方さえ間違えなければいいと思います。
現金がなく、これから急遽現金を用意しなければならない方のためにも参考になるように、自分で現金化をする方法や注意点などをまとめてみました。
そんなに時間はかかりませんので読んでみて下さい。

自分で現金化する際の商品

自分で現金化をする際は、自分の持っている物で何か売れるものがあるか探します。
ブランド物や服、ゲーム機器など色々とありますが、売ったとしてもそんなに大金にはなりません。
そこで、思い浮かぶのがクレジットカードで商品を買って売ることです。
どんな商品があるかというと下記になります。

・家電製品
・ブランド物
・ゲーム機器
・高級腕時計
・新幹線のチケット
・ギフト券類

このあたりが思い浮かぶ商品だと思います。
これらの商品を購入し、売り行くとするとかなり大変な作業になります。
まず、購入する商品選びも重要ですが、それと同時にその商品を売るお店も調べなければなりません。
高く売れそうな商品を買っても買取ってくれるところがなければ意味がありません。
そのため、買う店、売る店選びと同時に、購入する商品選びが重要となってきます。
また、高額商品をクレジットカードで購入しようとすると、クレジットカード会社が換金を怪しみ購入できないということもあります。
クレジットカード会社は、現金化を禁止しているため、換金性の高い商品にはとくに目を光らせています。
一昔前までは、大量購入ができていた新幹線のチケットは、現在では制限がかかり、中には購入ができない人もいます。
これらから分かるように、自分で現金化するのは、業者への手数料がかからないため高換金率で現金ができますが、手続きが面倒というのが分かります。
また、住んでいる地域によっては、購入する店、売るお店選びがかなり大変になるでしょう。

自分で現金化する際のメリット・デメリット

自分で現金化すると、いいこともあれば悪いこともあります。
簡単にメリット・デメリットについて説明します。

【メリット】
・自分で現金化した方が換金率が高くなる
・ネットで現金化業者に依頼するより、自分で現金化した方が目に見えたやり取りになるので安心してできる。
・自分のペースで行動できる

【デメリット】
・自分で現金化すると手続きが面倒
・時間と労力がかかる
・同じ高額商品を何度も購入すると怪しまれるので一度しか利用できないかもしれない

このようなことから、人によって自分で現金化をするかどうか考える人は多いと思います。
色々と大変だけど、自分で行動した分、換金率をよくするか、楽して業者に頼み手数料を払うかです。
仕事をしていたりして、自分で行動する時間が無い人もいますので、時と場合によって使い分けている人もいると思います。

自分で現金化するより業者に依頼した方が良い

上記でもお伝えしましたが、自分で現金化する場合と業者に依頼することによって換金率が大きく変わってきます。
もちろん少ない手数料で多くの現金を手元にしたいと思いますが、そればかり気にしていると大変でもあります。
現在は、昔と違いクレジットカード会社も色々と目を光らせて監視していますので自分で現金化すると失敗することもあります。
そのため、現金化業者は安全に現金化できる方法で手続きをしてくれます。
ただし、違法なやり方で手数料を多く取る悪徳業者も多く存在します。
現金化業者を利用した方がいいですが、利用する際は現金化業者のこともよく調べてからでないと痛い目にあってしまいすので注意も必要となるでしょう。
お金に困った際は、焦らず慎重になり、その場の勢いで手続きはしないようにしましょう。

コメント